繋がるということ

 

そもそもSNSというものは私にとって、ただの愚痴吐き場なんだけど…繋がる事で本心が出せなくなっていく事ありません?

幾つか登録しているSNSがあるけれど、やっぱり最初は繋がる事が楽しかったり、繋がっている事が安心材料になっていたりする。そのうちに他人からの反応を待っている自分に気づく。繋がってる、理解されている、共有しているっていう事が、怒りや悲しみや孤独感を和らげてくれるし、本心を吐き出す事で気持ちも軽くなってく気がするんだよね。

 

 

だけどその繋がりが深く、よりリアルになる程、誰かからの反応に左右されて私にとってのそもそもの愚痴吐き場というものを果たせなくなってしまうんだ。そうしてまた新しく繋がりのない場所で、本音を晒すという可笑しな状況に陥っている。

 

 

だったらチラシの裏にでも書いとけよ‼︎

そんな言葉を某掲示板でよく目にするけど、それ違うんだよね〜。なんだろう?結局は、私を全く知らない誰かに…いや、知っていてもいいけど、自分の本音を肯定して欲しいとかそんな感じなんだよね。

チラシの裏に書いて自己完結…なんてとても無理(笑)深く繋がりたいわけじゃないし、ただただ辛かったね、頑張ったね、わかるよって言って欲しいんだろうな〜って最近思うわけ。居心地のいい場所を求めているんだろうな。

 

 

大事な場所が、誰かと繋がる事で負担になっていく。その誰かが大事な人であればあるほど、ソコでは繋がらない方がいいっていう話。