読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てた未来

 

本気で望めば手に入ったかも知れない未来。

 

 

憧れだったり幸せだったり、欲しかったものがそこにはぎゅっと詰まってて、本当に夢見た未来。

 

 

一人ならきっと捨てなかった未来。

 

 

 

 

欲しかったものって手に入らない様にできてる気がする。ここに居てもどこに居ても、違うこれじゃないって。何を選んでも後悔する様にできてる気がする。

 

 

 

選んだのは本当に欲しかった方だ。って言い切れるくらい強くなりたいなぁ…。間違ってないって思うより、これが欲しかったって思いたい…。

安心したり努力をやめたら壊れちゃう幸せだけど、それでも欲しかったから選んだんだって。

 

 

 

そうじゃなきゃ捨てた意味がないものね。